ネキシウムで逆流性食道炎を治しましょう

逆流性食道炎は、食道のびらんや潰瘍だけではなく胃もたれやのどの症状を訴えるなど一度かかってしまうと多岐の症状を訴えることが多いです。
ですので、気づいたときには安静にしつつ治療を受ける必要があることを理解しておきます。
薬物療法がまず用いられるのですが、逆流性食道炎に効くといわれる薬がネキシウムです。
この薬は、胃酸の分泌を抑制してくれる効果に優れているためよく医療現場で使用されています。
比較的扱いやすい医薬品でもあります。

ネキシウムの有効成分と効果

ネキシウムの主成分はエソメプラゾールという成分です。
このエソメプラゾールは、胃酸分泌の最終過程であるプロトンポンプに働きかけることによって胃酸分泌を抑制する効果があります。
プロトンポンプ阻害薬の一種に位置付けられているネキシウムは、胃の壁細胞のプロトンポンプに作用することによって胃酸の分泌を抑制する働きを持っています。

ネキシウムはH2ブロッカーなどの今までの医薬品と比較すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発の予防効果があるほか逆流性食道炎などの治療効果も良く作用することが医学的に分かっています。
気になる安全性に関しても、問題はありません。
ネキシウムはピロリ菌を除菌する際にも投与される薬として知られています。
食道以外にも、胃もたれや胃の荒れなどでも胃酸の刺激を抑えることによって治りを早くすることができるため便利な医薬品です。

さらには胃酸分泌を抑制する胃内のpH値を上昇させることができます。
これによって、抗菌薬の抗菌作用を高めて健康な身体づくりに役立てることが可能です。
さらには、ネキシウムは子供にも承認されるようになっており今後より広まることが予測されます。
こうした実績から、ネキシウムの売り上げは医薬品全体から見てトップレベルとされており市場規模も広がりつつあります。

ネキシウムの効果面に関してですが、効果に個人差が出にくい性質があります。
そのためそれまでの胃酸分泌抑制剤では効き目が実感できなかったとされる患者でも安心して使用できやすい医薬品です。

ネキシウムの製造及び販売を手掛けているのは「アストラゼネカ」という製薬会社です。
そこでは、ネキシウムよりも先にオメプラールと呼ばれるプロトンポンプ阻害薬の製造や販売も手掛けています。
オメプラールの有効成分をもとに、ネキシウムの開発時に特に個人差の出にくい安定した成分のみを取り出して作ったのがこの医薬品です。

こうした開発経緯があり、世界中で親しまれている医薬品として定着し続けています。
ネキシウムはカプセル状になっており、胃で溶けるつくりになっています。
カプセルタイプは砕くことはできませんがほかに錠剤タイプのものも販売されておりこちらは割ることができます。
割るときにはピルカッターで割れば問題ありません。

ネキシウムの使用方法や副作用

ネキシウムの使用方法は、逆流性食道炎に関しては通常時は成人の場合は1回1カプセル・エソメプラゾールとして20mg分を1日1回服用します。
持続性がかなり長いので、1日1回服用しておけば問題はありません。

体重20kg以上の幼児および小児の場合にはネキシウムの投与が可能です。
この場合は症状に応じて1回エソメプラゾールとして10mgから20mgを1日1回服用します。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍・吻合部潰瘍なども使用方法は同様となります。

副作用は、下痢・腹痛・軟便などが挙げられますが基本的にはそこまで問題があるわけではありません。
ただ、光線過敏性反応を引き起こすことがないわけではありませんのでアレルギー症状が出た場合においては服用を控えすぐに医師に相談するようにしましょう。
医師に相談する男性頻度はめったにありませんが、重大な副作用による症状がみられることがあります。

例としては間質性肺炎による息切れや呼吸困難などといった症状のほか吐き気や嘔吐などといった肝機能が低下することで起こる諸症状があります。
症状に気づいた段階で早めの受診をするようにしましょう。
ネキシウムを服用するときの注意事項は、過剰投与を避けて正しく飲むことは重要です。

さらには、ネキシウムを服用する期間の目安もあります。
逆流性食道炎や胃潰瘍の場合には投与開始から8週間までが目安です。
十二指腸潰瘍の場合は投与開始から6週間までが目安となりますので注意しましょう。

薬の飲み合わせに関しては、抗エイズウイルス薬として用いられるアタザナビルやリルピビリンは同時に飲むことは禁止されています。
理由は、これらの医薬品の成分が体内吸収されるのが低下することで作用が減弱してしまうためです。
抗エイズウイルス薬を優先して摂取するようにしましょう。

ワーファリンやジギタリス系の強心薬などは、ネキシウムの薬効を強めてしまうため慎重に飲み合わせておくようにします。
逆にイトラコナゾールなどの飲み合わせはネキシウムの薬効を弱めてしまうので、こちらも医師と事前に相談するようにします。
医薬品以外ではセイヨウオトギリソウを含む健康食品は控えるようにしましょう。
ネキシウムの作用を弱めるおそれがあります。

あとの注意点に関しては乳幼児や小児の手の届かないところで保管することが挙げられます。
直射日光・高温・湿気を避けたうえで保管しておけば大丈夫です。
もしも薬が残ってしまったという場合においては保管しないで廃棄するようにしましょう。

逆流性食道炎の自覚症状

逆流性食道炎は、主に自覚症状として胸焼けが発生することが多いです。
胃の内容物には酸やペプシンを含んだ胃酸が含まれており、さらには胆汁酸や膵液を含んだ十二指腸の内容までもが胃から食道に逆流することにより生じる食道の炎症性疾患が逆流性食道炎となります。

ほかの諸症状としては胸痛や胃がつかえるような感覚などがあり、寝るときに横になっていると食物がのどまで逆流して眠れなくなることもあるなど日常生活にも支障をきたす可能性もあります。
のどの痛みや炎症などを引き起こす確率も低くありませんので早めの治療を必要とします。

ネキシウムを使用することは、胸焼けをはじめとする自覚症状の緩和にとても役立ちます。
ただ、胃酸の分泌を抑えるためには食べ物をあまり多く食べ過ぎないことやゆっくりと噛んで食べるなどの対策を必要とします。
暴飲暴食は症状をひどくしてしまうため、適度な運動と組み合わせながらしっかりとした生活習慣を送る必要があるといえるでしょう。

また、なかには逆流性食道炎にかかっていても無症状である場合もあります。
ただ、無症状の場合はかえって放置してしまうことで危険度を増やしてしまう懸念もあり最悪の場合は食道がんになってしまうケースもあります。
ですので、できれば定期的に検査を受けるようにしておいたほうが良いでしょう。

ネキシウムは確かに効き目のある医薬品なのですが、もしも薬物治療の効果が乏しい場合においては効き目が追い付かなくなることもあります。
それから、食道炎が重症化してしまって食道が狭くなったり潰瘍から出血を繰り返したりするような人に該当する場合には外科的手術も考慮となります。

手術では、胃酸などが逆流してしまうことを防止するという治療が主です。
ただこの手術法にはリスクも存在し、手術をすることでかえって健康を損ねてしまう可能性もあるため十分な内科的治療が行われた後に検討されるということを理解しておきます。

逆流性食道炎は、早期発見及び早期治療が回復のためのキーワードとなります。
ですので、できるだけ不安なことがあった場合には医師と相談しておくようにします。
早めにネキシウムを投与すると薬効が適切に働きやすく、治りやすい病気です。
ネキシウムの服用タイミングなどはしっかりと守るようにしましょう。

関連記事

  • お腹をおさえる女性
    2018.04.02

    便秘は逆流性食道炎の原因?

    食後に胸焼けがしたり、咽喉に酸っぱいもの・苦いものがこみ上げてきたり、それは逆流性食道炎かもしれません。 本来であれば食べ物は食道を通った後は胃に行き更に大腸や小腸へと向かっていきます。 その病名の通り、胃から食道へと逆流して強い酸性の...続きを読む

  • 温野菜
    2018.04.30

    逆流性食道炎になった時にできる食事改善

    現代病ともいうべき病気に、逆流性食道炎というものがあります。 この病気は、文字通り胃から食道へと逆流してきた胃液や胃の内容物によって、食道に炎症が起きてしまうという病気です。 その症状は、胸の痛み、胸やけ、げっぷの多発、むかつきなど、さ...続きを読む

  • 頻尿はあなたの寿命に影響を与える?に関する画像
    2018.05.24

    頻尿はあなたの寿命に影響を与える?

    冬場で暖房設備のない工場や外での作業をしている場合や、春や秋などの大して汗が出ない時期に水分を摂りすぎると頻尿になる事は誰しもあります。 寝ている時間帯はトイレに行きたくならないのが通常で、夜中に起きてトイレに行ったとしても普通は1回程度で...続きを読む

  • 糖尿病の合併症により逆流性食道炎が起こりやすい?に関する画像
    2018.05.25

    糖尿病の合併症により逆流性食道炎が起こりやすい?

    欧米化した食生活や高齢化の影響で患者数が増加しているとも言われる逆流性食道炎ですが、意外な事実ですが糖尿病患者では高い頻度で発症する合併症として認識されています。 基礎的に肥満傾向がある場合もその傾向に拍車をかけているとも言われています。 ...続きを読む