ネキシウムで逆流性食道炎を治しましょう

逆流性食道炎になった時にできる食事改善

現代病ともいうべき病気に、逆流性食道炎というものがあります。
この病気は、文字通り胃から食道へと逆流してきた胃液や胃の内容物によって、食道に炎症が起きてしまうという病気です。
その症状は、胸の痛み、胸やけ、げっぷの多発、むかつきなど、さまざまな形で現れます。
また、時には吐き気を催して胃液が口まで上がってきてしまう呑酸という症状が出ることもあります。

逆流性食道炎にかかると、逆流してきた胃液によって食道が荒らされてしまい、喉にも炎症が起きてしまったりします。
胃液に含まれる消化酵素は食べ物を消化するために強い酸性となっているため、もともと酸性に対して耐性のある胃壁と違って、食道はすぐに刺激を受けて炎症を起こすなど異常な反応を見せてしまうのです。

日本人に逆流性食道炎が増えてきたのは、食生活の変化によるところが大きいとされています。
グルメブームなども手伝って脂肪分や糖分の多い食事内容が多くなり、食生活が変化してきたことで胃の消化活動に過剰な負担がかかって、胃液の逆流しやすい体質に変わってきたと言われているのです。
もともと食道は食べた物を胃へと送り込む器官なので胃からの逆流に耐える力はあまり備わっていません。

しかし、胃自身が消化しきれないと判断したものを食道へ押し戻すことは時々あることです。
食べ過ぎたときの嘔吐などが良い例でしょう。
逆流性食道炎になるのは、まさにその状況が経常化してきた結果と言えるのです。

そのため、逆流性食道炎を防ぐには、食事の改善を考えるのが近道となります。
まずは、料理に用いる脂肪分や糖分の量を減らして胃の消化を助けるようにし、消化に時間のかかるタンパク質の多い食事を減らしたりして胃に負担のかからない食事内容へと改善してみることをお勧めします。
また、乳製品は胃酸で胃の粘膜を痛めないよう胃壁をカバーしてくれるとされています。
食事の最初のほうで乳製品を摂取すれば、胃の粘膜を刺激から守ってくれ、食事で胃を荒らすことを避けることができます。

調理方法で胃の負担は変わってくる

逆流性食道炎を防止するには、まず胃への刺激や負担を減らすために食事内容を改善するのが効果的ですが、同時に食事の摂り方を改善してみたり、食材の調理方法を変えてみるのも良い方法です。
もちろん、その目的となるのは胃への刺激を少なくしたり胃の消化の負担にならないようにすることです。
まずは、アイスなどの冷たい食べ物はなるべく避けて、胃の消化を助ける温かい食べ物を中心とした食事を心がけましょう。

食事の摂り方の改善という方法で言えば、食べる時にしっかり歯で噛むようにするということがあります。
これは胃の消化を助けるためです。
同時に歯を丈夫にすることもできるためにお勧めなのですが、この噛むという作業は脳の働きも助けるということが言われています。

温野菜そして、野菜などはミネラルが豊富で消化酵素も多く含まれていて健康増進には欠かせないのですが、胃への負担ということでは、加熱して温野菜として摂取することが奨励されています。
温かい加熱された食べ物は胃への負担を軽くしてくれるのです。
ほかにも、濃い味付けなども避けて、薄味のものを食事の主体にするのも胃への負担を減らすということでは効果があります。
薄味というと食事の満足度からもの足りない感じに受け取られますが、薄味と言っても素材の味が十分に味わえるので、飽きのこないものになります。

ところで、脂肪分は胃の消化活動を鈍らせるので逆流性食道炎を防ぐためにも過剰の摂取は控えたほうが良いです。
同じ脂肪分でもオリーブオイルは、肌を作るオレイン酸が豊富に含まれているため、胃を保護するという脂肪分ということができるのです。
つまりは、胃に優しい油であり、炒め物や揚げ物など料理では不可欠な油としては、またとないものです。
調理油をすべてオリーブオイルに切り替えることで、胃への負担をずいぶん減らすことができるようになります。

関連記事

  • お腹をおさえる女性
    2018.04.02

    便秘は逆流性食道炎の原因?

    食後に胸焼けがしたり、咽喉に酸っぱいもの・苦いものがこみ上げてきたり、それは逆流性食道炎かもしれません。 本来であれば食べ物は食道を通った後は胃に行き更に大腸や小腸へと向かっていきます。 その病名の通り、胃から食道へと逆流して強い酸性の...続きを読む

  • 頻尿はあなたの寿命に影響を与える?に関する画像
    2018.05.24

    頻尿はあなたの寿命に影響を与える?

    冬場で暖房設備のない工場や外での作業をしている場合や、春や秋などの大して汗が出ない時期に水分を摂りすぎると頻尿になる事は誰しもあります。 寝ている時間帯はトイレに行きたくならないのが通常で、夜中に起きてトイレに行ったとしても普通は1回程度で...続きを読む

  • 糖尿病の合併症により逆流性食道炎が起こりやすい?に関する画像
    2018.05.25

    糖尿病の合併症により逆流性食道炎が起こりやすい?

    欧米化した食生活や高齢化の影響で患者数が増加しているとも言われる逆流性食道炎ですが、意外な事実ですが糖尿病患者では高い頻度で発症する合併症として認識されています。 基礎的に肥満傾向がある場合もその傾向に拍車をかけているとも言われています。 ...続きを読む